コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潮干 シオヒ

デジタル大辞泉の解説

しお‐ひ〔しほ‐〕【潮干】

潮が引くこと。ひき潮。また、潮が引いて現れた砂浜。
潮干狩り」に同じ。 春》「―より今帰りたる隣かな/子規
「友達同志の無邪気な遊事の有様や、弟等と―に行ったことや」〈宙外・独行〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しおひ【潮干】

潮が引くこと。また、潮が引いて現れた海浜。 [季] 春。 《 青柳の泥にしだるゝ-かな /芭蕉 》
「潮干狩り」の略。 「 -と桜こぎわける柳ばし/柳多留 93[季] 春。 《 -より今帰りたる隣かな /正岡子規 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

潮干の関連キーワード伊勢シーサイドモビレージ亀崎潮干祭の山車行事千葉県木更津市中の島千葉県木更津市北浜町生き死にの二つの海千葉県木更津市江川波の花・波の華狩り・狩・猟和布刈神事在す・坐す二条院讃岐満ち干の珠喜多川歌麿半田(市)高市黒人潮干る珠正岡子規潮涸る瓊下笑まし年魚市潟

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

潮干の関連情報