コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親長卿記 ちかながきょうき

百科事典マイペディアの解説

親長卿記【ちかながきょうき】

室町時代の公家である甘露寺(かんろじ)親長の日記。記事は1470年から1498年までの本記と別記からなるが,一部が応仁(おうにん)・文明の乱によって焼失している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちかながきょうき【親長卿記】

室町時代の公卿甘露寺親長(1424‐1500)の日記。多くの古写本が存在する。親長の半生にわたる1466‐98年(文正1‐明応7)の日記であるが,中でも1466年中世最後となった大嘗会に要する費用について,室町幕府との折衝の模様を詳記しており,また上下賀茂神社の伝奏であったため,両社社司や氏人の訴訟に関する記事が多い。有職故実や蹴鞠にも造詣が深く,室町後期の公家・武家の研究に最適である。《史料大成》所収。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

親長卿記の関連キーワード応仁・文明の乱朝倉孝景室町時代手傀儡土一揆応仁

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android