コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

澄まし/清まし スマシ

デジタル大辞泉の解説

すまし【澄まし/清まし】

気どったようすをすること。おすまし。「―顔」
澄まし汁」の略。
酒の席で、杯をすすぐ器。また、それに入れた水。
かつら・衣服などを洗い清めること。
「御―の事などせさせ奉り給へ」〈宇津保・国譲中〉
清(すま)し女(め)」の略。
「―、長女(をさめ)などして絶えずいましめにやり」〈能因本枕・九一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

澄まし/清ましの関連キーワード聞き澄ます・聞澄ます哀れ・憐れ小田巻蒸し嚠喨・瀏亮枕を攲てる仕立て顔コンソメ風の電話会席料理すいとんあつもの松浦寿輝HIRO普茶料理紫電一閃御澄まし草庵文学ぴんぴん凍み氷る澄まし顔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android