杯洗/盃洗(読み)ハイセン

世界大百科事典 第2版の解説

はいせん【杯洗】

杯を洗うため水を入れて酒席に置く器。〈さかずき洗い〉ともいう。明確な年代はわからないが,江戸後期から使用され始めたもので,寛政~天保(1789‐1844)ころの世態の推移を書きとどめた《寛天見聞記》(著者不詳)によると,著者の幼いころの酒宴は〈鉄銚子(ちようし)〉と〈塗杯〉を使うのが通例であった。それが染付の〈徳利(とくり)〉と陶磁器の〈猪口(ちよく)〉を使うようになり,〈盃(さかずき)あらひとて丼に水を入れ,猪口数多浮めて詠(なが)め楽しみ……〉というように変化したのは〈近来の仕出し〉,つまり最近はじまったことだとしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の杯洗/盃洗の言及

【酒器】より


[日本の酒器]
 酒を飲むために用いられる容器の総称。口に運んで飲むためのやグラス,それらに酒を注ぐための銚子(ちようし)や徳利(とくり∥とつくり)が主要なものであるが,杯を置く杯台,杯を洗うための杯洗(はいせん∥さかずきあらい),酒を貯蔵または運搬するために用いられる甕(かめ)や樽をも含む。ここでは酒を注ぐ器を中心に記述するが,日本でも古く土器のほかに酒器として用いられたものに,ヒョウタンやミツナガシワ(カクレミノあるいはオオタニワタリとされる)のような植物の実や葉,あるいは貝殻のような自然物があった。…

※「杯洗/盃洗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android