濁水(読み)ダクスイ

精選版 日本国語大辞典の解説

じょく‐すい ヂョク‥【濁水】

〘名〙 (「じょく」は「濁」の呉音) にごった水。だくすい。煩悩などにたとえる。
※日蓮遺文‐千日尼御前御返事(1278)「濁水に如意珠を入れたるがごとし」

だく‐すい【濁水】

〘名〙 濁った水。濁り水。じょくすい。
※わかれ(1898)〈国木田独歩〉「今朝より君が来宅まで我近郊の散歩は濁水(ダクスヰ)暫時地を潜りし時の如し」 〔荘子‐山木〕

にごり‐みず ‥みづ【濁水】

〘名〙 にごった水。透明でない水。だくすい。
※拾遺(1005‐07頃か)雑恋・一二五三「雨ふりて庭にたまれるにごり水たがすまばかは影の見ゆべき〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濁水の関連情報