コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬口三兵衛 せのくち さんべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬口三兵衛 せのくち-さんべえ

せぐち-さんべえ

瀬口三兵衛 せぐち-さんべえ

1837-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)8年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。野村望東(ぼうとう)に和歌をまなび,高杉晋作(しんさく)ら尊攘(そんじょう)派とまじわる。第1次幕長戦争の際,藩命により広島におもむき幕府軍の解兵につくしたが,慶応元年藩論が一変し,同年10月23日処刑された。29歳。名は善和。通称ははじめ順可。姓は「せのくち」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android