コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬川清子 せがわ きよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬川清子 せがわ-きよこ

1895-1984 昭和時代の民俗学者。
明治28年10月20日生まれ。東京市立第一中学教師をつとめ,昭和8年柳田国男の門にはいる。12年日本民俗学講座婦人座談会(のち女の会)を設立。17年「海女記」を刊行。35年大妻女子大教授。56年「女の民俗誌―そのけがれと神秘」で柳田賞受賞。昭和59年2月20日死去。88歳。秋田県出身。東洋大卒。本名はキヨ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せがわきよこ【瀬川清子】

1895~1984) 民俗学者。秋田県生まれ。東洋大卒。女性の暮らしと文化を研究、著「女の民俗誌」「海女記」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

瀬川清子の関連キーワード能田多代子昭和時代日間賀島頭上運搬赤不浄若者組大原女行商

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android