コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬戸黒 セトグロ

3件 の用語解説(瀬戸黒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せと‐ぐろ【瀬戸黒】

《「瀬戸黒茶碗」の略》美濃国で天正(1573~1592)ごろに焼かれた黒無地の茶碗。薄作りで筒形のものが多く、高台(こうだい)は低い。天正黒。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

せとぐろ【瀬戸黒】

美濃の黒釉陶器。茶碗が多く、半筒形で高台は低い。天正(1573~1592)年間、利休の好みで造られたといわれる。利休黒。天正黒。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬戸黒
せとぐろ

瀬戸黒茶碗(ちゃわん)の略であるが、実際には美濃窯(みのがま)の製品。一名「引き出し黒」あるいは「天正(てんしょう)黒」ともよばれるように、桃山時代の天正年間(1573~92)に焼かれ、焼成中に窯から引き出して急速に冷却させ、漆黒釉(ゆう)の呈発を得た魅力的な茶碗である。形はほとんどが薄造りの筒形茶碗で、高台(こうだい)を小さく削り出した端厳な趣(おもむき)は声価が高い。代表作としては「小原女(おはらめ)」「小原木」「日松」「冬の夜」「有明」などの銘をもつものがあげられるが、「日松」や「有明」は織部(おりべ)黒茶碗へ移行する過程の作である。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の瀬戸黒の言及

【美濃焼】より

…その源流は7世紀代に始まった須恵器生産にあるが,平安時代中期には愛知県猿投(さなげ)窯の影響を受けて白瓷生産を,平安末から室町中期にかけて白瓷系陶器(山(やま)茶碗)を,室町前期からは古瀬戸系施釉陶器を焼いており,広義の猿投窯系陶器の一分枝とみることができる。狭義の美濃焼は瀬戸黒,黄瀬戸,志野,織部などを焼いた室町末~桃山時代以降の陶器を指しており,当時の茶会記をみると,天文・弘治年間(1532‐58)の〈天目 美濃〉〈天目 濃州〉の記載から,永禄(1558‐70)以後〈セト茶碗〉〈セト水指〉などと瀬戸の名を冠して呼ばれるようになり,江戸時代に入ると尾張藩の統制下におかれて瀬戸焼として扱われた。〈美濃焼〉の名称が文書に登場するのは1832年(天保3)からである。…

※「瀬戸黒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瀬戸黒の関連キーワード瀬戸瀬戸天目主茶碗数茶碗替茶碗黒茶色美濃衆破れ茶碗川本治兵衛(初代)加藤孝造

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀬戸黒の関連情報