コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灤河 らんが

3件 の用語解説(灤河の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灤河
らんが

「ロワン (灤) 河」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

らんが【灤河 Luán hé】

中国,華北地区の河北省北東部の川。上流は閃電河と呼ばれ,本省豊寧県の大馬群山に源を発し,北流して内モンゴルドロン(多倫)県の北に至り,南東に流れを変じ,はじめて灤河と呼ばれる。承徳付近より南の中流部は燕山山脈を横断し,喜峰口で万里の長城を抜け,楽亭県と昌黎県の間で渤海に入る。長さ877km。流域面積4万4600km2。現在本川中流の長城付近に建設中の潘家口ダムは天津市に都市用水を供給する目的を有する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


らんが / ロワンホー

中国、河北省北東部の河川。河北省と内モンゴル自治区との境界の大馬群山北麓(ほくろく)に発し、内モンゴルを経由して南東流し、燕(えん)山、七老図(しちろうと)山、陰山などの山地の水を集めて渤海(ぼっかい)湾に流入する。上流は閃電(せんでん)河と称し、主要な支流に小河、伊遜(いそん)河、武烈河、清竜河などがある。全長877キロメートル。流域面積4万4600平方キロメートル。下流部には広大な海岸平野とデルタを形成するが、瀕海(ひんかい)地帯は塩土や沼沢地が分布し、未開発の部分も多い。中流の遷西(せんせい)県には大黒汀(だいこくてい)ダム、潘家口(はんかこう)ダムが設けられ、農業用水などに利用されている。[秋山元秀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灤河の関連キーワード永定河開平九州山戎熱河省保定開灤北戴河桑乾河窰洞

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone