コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どろん ドロン

デジタル大辞泉の解説

どろん[名]

[名](スル)
急に姿を隠すこと。「借金を残してどろんする」
歌舞伎で、幽霊が出るときや消えるときに連打する大太鼓どろどろ

どろん[副]

[副]空気や液体などが重くよどんでいるさま。「どろんとよどんだ沼」「どろんと濁った目」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どろん

( 名 ) スル
芝居で、幽霊などの出入りの場面で大太鼓をどろどろと打つこと。どろどろ。
姿が突然見えなくなること。逃げて行方をくらますこと。 「集金した金を持って-する」 「 -を決める」

どろん

( 副 )
(多く「と」を伴って)
重くよどんで、生気や輝きのないさま。 「湖は-とした鉛色の塊のようだった」
眠気や酒の酔いなどで目つきがぼんやりしているさま。とろん。 「 -とした目」
急に姿が消えるさま。 「 -と消えた」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

どろんの関連キーワードINAXライブミュージアム鳩摩羅什(くまらじゅう)愛媛県西予市城川町土居ジーン・E. ジオンくまくんの絵本喜味家たまごメロディさん佐々木日菜子リズムさんばばっちい若宮八幡宮乙羽 信子山本嘉次郎夫木和歌抄おどるくん前田真里衣三十二相明羽美姫森川次朗末法思想

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どろんの関連情報