コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どろん ドロン

4件 の用語解説(どろんの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どろん[名]

[名](スル)
急に姿を隠すこと。「借金を残してどろんする」
歌舞伎で、幽霊が出るときや消えるときに連打する大太鼓。どろどろ

どろん[副]

[副]空気や液体などが重くよどんでいるさま。「どろんとよどんだ沼」「どろんと濁った目」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

どろん

( 名 ) スル
芝居で、幽霊などの出入りの場面で大太鼓をどろどろと打つこと。どろどろ。
姿が突然見えなくなること。逃げて行方をくらますこと。 「集金した金を持って-する」 「 -を決める」

どろん

( 副 )
(多く「と」を伴って)
重くよどんで、生気や輝きのないさま。 「湖は-とした鉛色の塊のようだった」
眠気や酒の酔いなどで目つきがぼんやりしているさま。とろん。 「 -とした目」
急に姿が消えるさま。 「 -と消えた」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どろんの関連キーワード掩蔽跡を隠す隠す神隠れ颯と上手の猫が爪を隠す爪を隠す韜晦逃亡晦ます

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

どろんの関連情報