コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火事旋風 かじせんぷう

世界大百科事典 第2版の解説

かじせんぷう【火事旋風】

大規模の火事に伴って生じるつむじ風をいう。火事の発生や延焼は,風速,湿度などの気象条件に大きく左右されるが,いったん火事になると,その上で上昇気流ができる結果,新たに局地的な強い風を生じる。大火の場合,しばしば渦を巻く強い風(旋風)となる。関東大震災(1923年9月1日)に際して大火が発生し,本所被服廠跡の空地に火事旋風が起こり,避難していた人など多数の人が犠牲となったことは広く知られている。【竹内 清秀

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

火事旋風の関連キーワード竜巻

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android