コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成説 かせいせつplutonic theory

世界大百科事典 第2版の解説

かせいせつ【火成説 plutonic theory】

岩石の生成に水の役割を重視する水成説に対し,地球内部の火(熱)の役割を重視する説。18世紀の末にイギリスのJ.ハットンにより提唱され,やがて一般化された。ハットンは水中堆積物の存在を否定したわけではなく,浸食,運搬,堆積,続成(固化),隆起,浸食……の周期的な地層の形成過程を認め,隆起の原動力を地球内部の熱に求めた。そして,大地が上昇する際の差別運動によって褶曲や断層ができるとした。一方,地球内部の熱で溶融したマグマのあるものは地下で冷却・固結して深成岩(花コウ岩など)となり,あるものは地表に流出して溶岩になるとして,火成岩も存在することを強調した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の火成説の言及

【火山学】より

…その後長期間研究の空白期がおとずれる。18世紀には岩石の成因について水成説と火成説の論争が行われた。水成説とは,岩石は原始海洋から沈殿して生じたとする説であり,火成説とは地下にマグマが貫入し固結すると花コウ岩のような岩石が生じ,また火山からは溶岩が流れ出して固まって岩石となると説明する説であった。…

※「火成説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火成説の関連キーワード火成論深成論

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android