コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火成鉱物 カセイコウブツ

3件 の用語解説(火成鉱物の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かせい‐こうぶつ〔クワセイクワウブツ〕【火成鉱物】

マグマから直接結晶してできる鉱物。橄欖(かんらん)石輝石雲母長石など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

火成鉱物

マグマ期に晶出した火成岩の初生鉱物で,マグマ晶出の早期に形成される無水鉱物の総称である.気成作用熱水作用変質作用変成作用などにより形成されたものは含まず,例えば橄欖(かんらん)石,輝石など完全に水分を含まない鉱物である.しかし実際に場合には,明らかに熔融体から形成した鉱物から始まり,明確な熱水作用による鉱物で終わるマグマが固化する過程は連続的であって,このような区別が不明確なことが多い.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かせいこうぶつ【火成鉱物】

火成岩を構成する鉱物。マグマが冷却・結晶分化してできる、輝石・角閃石・雲母・長石・石英など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火成鉱物の関連キーワード玄武岩質マグマテレマグマ鉱床分結物正マグマ岩脈正マグマ塩基度逓減の法則第一マグマ期マグマ融食作用初生変質的第二マグマ期

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone