火星の運河(読み)かせいのうんが(英語表記)canal of Mars

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1877年 G.スキアパレリ火星表面の細い線条模様を観測し,これをカナリ (運河) と名づけた。それを実際に運河ではないかと考えた P.ローエルが詳細な研究を行い,全世界の耳目を集めた。運河派のおもな論旨は,極冠が解けた水を赤道地方に運ぶ,なんらかの施設だというところにあり,これから火星文明への想像が生れて,人々の想像力をかきたてた。しかし,当時からその実在を疑い,単なる斑点の連続にすぎないと考える者もいた。現在では,マリナー4号 (1965) 以後探測で,存在は否定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android