火星人ゴーホーム(読み)かせいじんごーほーむ(英語表記)Martians Go Home

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火星人ゴーホーム
かせいじんごーほーむ
Martians, Go Home

アメリカのSF作家フレドリック・ブラウンが1955年に発表したユーモアSF。ある日、忽然(こつぜん)として世界中に緑色の火星の小人(こびと)が無数に出現する。体長60~70センチメートルの彼らは神出鬼没、新婚の若夫婦の寝室、浴室、あらゆる場所に自由自在に姿を現しては地球人を観察し、皮肉をいって嘲笑(ちょうしょう)する。テレビやラジオの番組も彼らに干渉されて放送不能となり、各国の軍事機密も暴露される。しかも彼らは実体をもたないため、攻撃を受けても一時的に姿を消すだけで、地球人はノイローゼ状態に陥る。ウェルズの『宇宙戦争』のパロディーである本編は、暴力的手段を伴わなくても地球の文明があっけなく崩壊することを痛烈に風刺している。[厚木 淳]
『稲葉明雄訳『火星人ゴーホーム』(ハヤカワ文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android