宇宙戦争

デジタル大辞泉プラスの解説

宇宙戦争

2005年製作のアメリカ映画。原題《The War of the Worlds》。H・G・ウェルズの同名SF小説の映画化。監督:スティーブン・スピルバーグ、出演:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング、ティム・ロビンス、ジャスティン・チャットウィン、ミランダ・オットーほか。

宇宙戦争

1953年製作のアメリカ映画。原題《The War of the Worlds》。H・G・ウェルズの同名SF小説の映画化。監督:バイロン・ハスキン、出演:ジーン・バリー、アン・ロビンソン、レス・トレメインほか。第26回米国アカデミー賞特殊効果賞受賞。

宇宙戦争

英国の作家H・G・ウェルズのSF小説(1898)。原題《The War of the Worlds》。地球外生命による侵略SFものの古典。1953年、バイロン・ハスキン監督で映画化。2005年、スティーヴン・スピルバーグ監督で映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇宙戦争
うちゅうせんそう
The War of the Worlds

イギリスの作家H・G・ウェルズの科学小説。1898年刊。19世紀末のロンドンに、円筒に身を潜め、V字型にえぐられた口と巨大な2個の目、無気味な触手をもった火星人が襲来し、不思議な熱線で人間たちを殺し、ロンドンを廃墟(はいきょ)に化してしまう。それから半月もすると、バクテリアに初体験であった彼らはその猛威のために死者続出し、再来の恐怖を残したまま、また忽然(こつぜん)とこの地球を去って行く。この作品はロンドンのリアリスティックな描写でも優れているが、他の惑星からの来襲だけでなく、地球人の他の惑星への脱出の可能性にも触れており、以後のほとんどの宇宙戦争ものの原点となっている。[鈴木建三]
『中村能三訳『宇宙戦争』(角川文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇宙戦争の関連情報