火闌降命(読み)ホノスソリノミコト

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

火闌降命 ほのすそりのみこと

記・紀にみえる神。
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と木花開耶姫(このはなさくやひめ)との間に生まれた3子のひとり。「日本書紀」では,第1子の海幸で隼人(はやと)の祖とされている。「古事記」では第2子で火須勢理(ほすせりの)命といい,兄の火照(ほでりの)命と弟の火遠理(ほおりの)命(彦火火出見(ひこほほでみの)尊)があらそった話が海幸・山幸の物語としてある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほすそりのみこと【火闌降命】

ほのすそりのみこと【火闌降命】

日本書紀にみえる神。瓊瓊杵尊ににぎのみことの子。海幸・山幸神話の海幸。隼人族の始祖。火酢芹命ほのすせりのみこと。火進命ほのすすみのみこと。古事記では火須勢理命ほすせりのみこととされ、海幸・山幸神話の役割から外れる。 → 火照命ほでりのみこと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android