コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火闌降命 ホノスソリノミコト

4件 の用語解説(火闌降命の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほのすそり‐の‐みこと【火闌降命】

火照命(ほでりのみこと)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

火闌降命 ほのすそりのみこと

記・紀にみえる神。
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と木花開耶姫(このはなさくやひめ)との間に生まれた3子のひとり。「日本書紀」では,第1子の海幸で隼人(はやと)の祖とされている。「古事記」では第2子で火須勢理(ほすせりの)命といい,兄の火照(ほでりの)命と弟の火遠理(ほおりの)命(彦火火出見(ひこほほでみの)尊)があらそった話が海幸・山幸の物語としてある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ほすそりのみこと【火闌降命】

ほのすそりのみこと【火闌降命】

日本書紀にみえる神。瓊瓊杵尊ににぎのみことの子。海幸・山幸神話の海幸。隼人族の始祖。火酢芹命ほのすせりのみこと。火進命ほのすすみのみこと。古事記では火須勢理命ほすせりのみこととされ、海幸・山幸神話の役割から外れる。 → 火照命ほでりのみこと

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火闌降命の関連キーワード天津彦彦火瓊瓊杵尊国譲り皇孫神勅地神五代天祖天孫五伴緒神猿田彦神

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone