コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火闌降命 ホノスソリノミコト

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

火闌降命 ほのすそりのみこと

記・紀にみえる神。
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と木花開耶姫(このはなさくやひめ)との間に生まれた3子のひとり。「日本書紀」では,第1子の海幸で隼人(はやと)の祖とされている。「古事記」では第2子で火須勢理(ほすせりの)命といい,兄の火照(ほでりの)命と弟の火遠理(ほおりの)命(彦火火出見(ひこほほでみの)尊)があらそった話が海幸・山幸の物語としてある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほすそりのみこと【火闌降命】

ほのすそりのみこと【火闌降命】

日本書紀にみえる神。瓊瓊杵尊ににぎのみことの子。海幸・山幸神話の海幸。隼人族の始祖。火酢芹命ほのすせりのみこと。火進命ほのすすみのみこと。古事記では火須勢理命ほすせりのみこととされ、海幸・山幸神話の役割から外れる。 → 火照命ほでりのみこと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火闌降命の関連キーワード火酢芹命・火須勢理命パントマイム彦火火出見尊日本料理火酢芹命瓊瓊杵尊吾田小橋隼人舞火照命山幸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android