火闌降命(読み)ほのすそりのみこと

  • ほすそりのみこと
  • 火闌降命 ほのすそりのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

記・にみえる神。
瓊瓊杵(ににぎのみこと)と木花開耶姫(このはなさくやひめ)との間に生まれた3子のひとり。「日本書紀」では,第1子の海幸隼人(はやと)のとされている。「古事記」では第2子で火須勢理(ほすせりの)といい,兄の火照(ほでりの)命との火遠理(ほおりの)命(彦火火出見(ひこほほでみの)尊)があらそった話が海幸・山幸物語としてある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火闌降命の関連情報