灰屋紹由(読み)はいや じょうゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

灰屋紹由 はいや-じょうゆう

?-1622 江戸時代前期の豪商。
京都の人。灰屋と号し,家は代々紺染めにもちいる紺灰をあつかい,紺灰座の棟梁(とうりょう)をつとめた。里村紹巴(じょうは)に連歌をまなび,里村昌琢としたしく公家の連歌会にも列した。茶の湯,蹴鞠(けまり)をよくし,当代風流人であった。元和(げんな)8年3月16日死去。姓は佐野初名は承由。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

灰屋紹由

没年:元和8.3.16(1622.4.26)
生年:生年不詳
江戸前期の京都の富商で文化人。姓は佐野氏。灰屋は屋号。初名は承由。佐野氏は南北期末期の永和(1375~79)ごろから京都で藍染に使用する紺灰を扱う業を営む。江戸初期には豪商として茶屋,角倉,後藤などと肩を並べるようになった。紹由は風流の道を好み,連歌を里村紹巴から学んだ。紹巴の後継者里村昌琢とも親しく,堂上の連歌会にも列した。書,茶の湯や蹴鞠をよくし,桃山時代からの華美な風潮にのり,風流三昧の生活を送った。千利休の弟子古田織部とも親交があった。子の紹益と同様,近世初期の代表的な上層町衆である。墓は京都の立本寺にある。<参考文献>『京都の歴史』4巻

(安岡重明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android