コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炉穴 ろあな

4件 の用語解説(炉穴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炉穴
ろあな

古代の遺跡で,焼土,灰などがあり,炉であったと考えられる穴。縄文時代早期の茅山式土器を伴う遺跡では,屋外に炉穴がある。千葉県船橋市飛ノ台貝塚では,長軸1~2m前後,短軸 0.7~1m前後の穴があり,内部に灰が認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろ‐あな【炉穴】

縄文時代早期の遺構の一。内部に焼かれた土が残る穴で、調理施設として使われていたとされる。長径1.5メートル前後、深さ50センチ前後の楕円形を標準とし、竪穴(たてあな)状など、さまざまな形態がある。ろけつ。

ろ‐けつ【炉穴】

ろあな

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炉穴
ろあな

穴を掘り込んで焼土のある縄文時代早期の遺構。東日本の撚糸文(よりいともん)土器の時期に50センチメートル前後の穴を掘り込んで焼土のある炉穴が出現し、早期後半の貝殻条痕文(かいがらじょうこんもん)土器の時期には東北地方から九州地方まで盛んにみられる。長径1.5メートル前後、深さ50センチメートルくらいの楕円(だえん)形の穴で、一端に焼土の炉部のある形態を標準とし、炉部が放射状に広がって重複する形態や、より広い竪穴(たてあな)状の形など各種ある。千葉県東間部多(とうかんべた)遺跡のような炉穴150以上が群在する例や、炉のない住居址(し)と炉穴とで構成される例が多いが、炉をもつ住居と共伴する場合もある。炉穴は調理施設説が有力で、一時的居住施設説、土器焼成場説もあるが、早期のみで消滅する理由など問題点は多い。通称ファイヤー・ピット。[十菱駿武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炉穴の関連キーワード焼土ΑσκληπιείονキロキティアΔίονティラ島ダビデの町シェラオケオ鄭州遺跡パキメの遺跡、カサス-グランデス

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

炉穴の関連情報