コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャ

デジタル大辞泉の解説

しゃ【炙】[漢字項目]

[音]シャ(呉)(漢) セキ(漢) [訓]あぶる
肉を火で焼く。あぶる。「燔炙(はんしゃ・はんせき)」
あぶり肉。「膾炙(かいしゃ)
近づき親しむ。「親炙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

炙の関連キーワードいもち病(稲熱病)焼き豆腐・焼豆腐農業経営受委託会津若松[市]ジークフリート人口に膾炙する東山[温泉]ミカドの肖像グロットガーなまみこ物語アベナリウス悪いのは誰大経師昔暦メガルカヤ炙甘草湯後藤基次残杯冷羹残杯冷炙稲生若水口に乗る

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

炙の関連情報