点式(読み)テンシキ

デジタル大辞泉の解説

てん‐しき【点式】

俳諧で、点者が評点をつける方式。主として引き墨・点印を用いる。
茶会で客をもてなす作法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんしき【点式】

俳諧で、点者が句の優劣を表示するため、評点をつける方式。
点茶の方式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

サマータイム

夏時間。 summer timeは和製語で,欧米では daylight saving timeという。夏季の一定の期日を限り,日中の時間をより有効に使うため,標準時間より1時間ないし2時間時計を進める...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点式の関連情報