点景・添景(読み)てんけい

大辞林 第三版の解説

てんけい【点景・添景】

風景画・風景写真などで、全体を引き立たせるために加えられた人や物など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐けい【点景・添景】

〘名〙 絵画などで、趣を出すために加えられる人や物。風景画に描き添えられた人物など。また、それらを加えること。
※随筆・山中人饒舌(1813)上「至其屋宇橋梁、布置点景。取諸辺邑僻境所有之寔景
※落葉(1889‐90)〈内田魯庵〉「汪洋たる水のみを描きては波濤の強大なるを知る能はず。〈略〉輪船又は飛禽を点景(テンケイ)して初め太洋の浩蕩たるを知らしむるに足る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android