コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為登糸 のぼせいと

百科事典マイペディアの解説

為登糸【のぼせいと】

江戸時代,諸地方から京都西陣へ送られた生糸。17世紀中葉ころから始まり,養蚕業の発達で18世紀に入って急増,従来の中国産の白糸を圧倒した。しかし,19世紀以降地方機業の発展により次第に減少,開国以後,衰退した。→白糸割符
→関連項目糸割符

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のぼせいと【為登糸】

江戸時代に諸地方から京都へ送られた生糸。古代,中世にも生糸は生産されていたが,中世末には製糸業が衰え,中国産の生糸(白糸)が多量に輸入されるようになった。中国糸は精巧で高級な絹布の原料として珍重された。白糸は糸割符(いとわつぷ)商人の手により京都西陣へ送られ製織されたが,この糸は為登糸とは言わなかった。17世紀中葉,日本各地で国産生糸が多く生産され,京都に送られるようになり,これを為登糸という。京都の和糸問屋(糸問屋)は1689年(元禄2)ごろ9軒,1731年(享保16)22軒,35年34軒と増加した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android