コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和糸問屋 わいとどんや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和糸問屋
わいとどんや

江戸時代,国産生糸 (和糸) を集荷し西陣,堺,博多など機業地に供給していた京都の荷受問屋。起源は不詳であるが,享保 20 (1735) 年,問屋 34軒が集って和糸問屋株仲間を結成し,取引を独占,幕府の承認を取付けた。天保 12 (1841) 年全国の株仲間が廃止され,独占は破れたが,嘉永4 (51) 年の諸問屋再興令によって再興された。しかし西陣機業などの衰退に伴って機能を失った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わいとどんや【和糸問屋】

江戸時代,京都で国産生糸を取り扱った荷受問屋。当時白糸(唐糸,輸入生糸)に対し国産生糸を和糸といった。近世初頭,生糸消費の大半を占めた京都機業は,その需要のほとんどを白糸によって充足した。和糸は17世紀前半から後半にかけて,とくに近江,美濃をはじめとして国内諸国で生産され,京都へ移入されるようになり,生糸供給を補完したが,需要増大と白糸供給の不安定さ,国産奨励政策もあって,18世紀半ばごろまでには京都機業への供給においても大宗を占めるに至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の和糸問屋の言及

【生糸】より

…しかし1685年(貞享2)に江戸幕府が輸入超過を防ぐために白糸(中国産生糸)の輸入を制限したことが契機となって,衰退ぎみであった国内の生糸生産が再び発展しはじめた。とくに岩代,上野,信濃などの東山道諸国では養蚕・製糸業が勃興し,多量の為登糸(のぼせいと)を京都の和糸問屋を通じて西陣機業へ送るようになった。18世紀に入ると諸藩の国産奨励政策にも支えられて生糸生産はさらに各地へ普及し,西陣機業や地方機業へ原料糸を供給した。…

※「和糸問屋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone