コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏丸資任 からすまる すけとう

2件 の用語解説(烏丸資任の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

烏丸資任 からすまる-すけとう

1417-1483* 室町時代の公卿(くぎょう)。
応永24年生まれ。烏丸豊光の子。日野重子の従弟。文安元年(1444)参議となり,宝徳4年権(ごんの)大納言にすすむ。官を辞したが,長禄(ちょうろく)2年従一位にのぼり,翌年准大臣に任じられた。文明14年12月16日死去。66歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

烏丸資任

没年:文明14.12.15(1483.1.23)
生年:応永24(1417)
室町時代の公卿。法名は西誉。蓮光院と号す。烏丸豊光の子。蔵人頭,右大弁などを経たあと,文安1(1444)年に参議,同3年権中納言,享徳1(1452)年権大納言となり,同3年に家領を子益光に譲り,康正1(1455)年辞任。長禄2(1458)年に従一位,同3年に准大臣となる。応仁1(1467)年出家して家領三河国(愛知県)伊良胡御厨に下向,同地で没して常光寺に葬られた。将軍足利家の外戚日野家の一族で,将軍義教,義政に近臣として重用され,権勢をふるい,有馬元家,今参局と共に三魔と称された。

(伊東正子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

烏丸資任の関連キーワード正親町実胤正親町公叙高倉永宣柳原量光五辻泰仲周高土御門資家徳大寺実淳中院通淳四辻季保

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone