コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏帽子貝 エボシガイ

大辞林 第三版の解説

えぼしがい【烏帽子貝】

甲殻綱の海産の節足動物。体長4センチメートルほどで、2センチメートル 内外の柄で船底・岸壁などにつく。体は五枚の灰白色の石灰質殻板でおおわれ、その間から六対のつる状の細い脚を出して餌えさをとる。海洋に広く分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

烏帽子貝 (エボシガイ)

学名:Lepas anatifera
動物。エボシガイ科の海産動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

烏帽子貝の関連キーワード灰白色海洋内外岸壁分布

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android