コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉珧 タイラギ

デジタル大辞泉の解説

たいらぎ〔たひらぎ〕【玉珧】

ハボウキガイ科の二枚貝。貝殻は三角形で、殻長約20センチ。殻表は緑褐色で半透明。内湾の泥底に殻頂を突き刺して立っている。貝柱は大きく、食用。たいらがい。 冬》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいらぎ【玉珧】

海産の二枚貝。貝殻の長さは約25センチメートル、形は少し開いた扇に似、薄くもろい。色は淡緑褐色。大きな貝柱は鮨種すしだねとされる。浅海の砂泥に突きささるようにして立つ。関東から九州まで分布。タイラガイ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

玉珧 (タイラギ)

学名:Atrina pectinata
動物。ハボウキガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

玉珧の関連キーワードタイラガイ浅海海産

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android