無人化施工技術(読み)むじんかせこうぎじゅつ(英語表記)unmanned construction technology

知恵蔵miniの解説

ショベルカーやブルドーザーなどの重機遠隔操作する技術のこと。地震や豪雨による被害を受けた山間地など、二次被害の危険があって人が立ち入れない状況で主に活用されている。重機やその周辺にカメラを設置して、撮影した映像を遠隔操作室まで無線伝送し、送られてきた映像を見ながら遠隔操作して復旧作業などを行う。日本では1991年に起こった長崎県の雲仙普賢岳(うんぜん・ふげんだけ)の噴火などをきっかけに研究・開発が加速した。

(2020-9-17)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android