コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無動機症候群 ムドウキショウコウグン

1件 の用語解説(無動機症候群の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むどうき‐しょうこうぐん〔‐シヤウコウグン〕【無動機症候群】

薬物乱用などによる精神障害の一つ。物事に対する興味・関心が薄れ、自発的な活動・思考の消失、注意力・集中力の低下、無気力、疲れやすいなどの抑鬱(よくうつ)状態を示す。情動異常、衝動異常を示すこともある。一般に、大麻摂取による大麻精神病の一つとされ、摂取をやめた後も症状が継続する場合が多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無動機症候群の関連キーワードクレペリン神経症精神衛生ロボトミーアナボリックステロイド酒害精神障害国連薬物乱用統制基金精神病理精神障害者の長期入院

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone