コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無尽灯 ムジントウ

デジタル大辞泉の解説

むじん‐とう【無尽灯】

油皿の油が減ると自然に補給され、燃え続けるように作られた灯明台。
仏の教えが次々と伝わって尽きないことを、一つの灯火が無数の灯火になることにたとえていう語。
仏前などに昼夜分かたずともすあかり長明灯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

無尽灯の関連キーワード田中久重(初代)田中久重東嶺円慈灯明台石川淳油皿灯火