無文・無紋(読み)むもん

精選版 日本国語大辞典の解説

む‐もん【無文・無紋】

〘名〙
① 模様がないこと。あや、飾りのないこと。特に、模様のない布。また、その衣服。⇔有文(うもん)
※枕(10C終)二七八「紅梅の濃き薄き織物、固紋・むもんなどを、あるかぎり着たれば」 〔礼記‐礼器〕
② (無文) 和歌・連歌・俳諧で、外面的な技巧や飾りのない平淡なこと。また、そのような歌や句。⇔有文(うもん)
※毎月抄(1219)「常に人の透逸の躰と心得て侍るは、無文なる歌のさはさはと読みて、心おくれたけあるのみ申しならひて侍る」
③ (無文) 能楽で、目や耳に直接訴える美ではなく、一見平凡に思われてもより深い味わいのあること。⇔有文(うもん)
※風曲集(1423頃)「声聞無文にて、さして心耳をうごかす曲はなくて、ただうつくしく、たふやかにきこゆる風体をこのむもあり」
④ 学問のないこと。勉学してないこと。
※日葡辞書(1603‐04)「イチモンワ mumonno(ムモンノ) シナリ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android