コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有文 ウモン

デジタル大辞泉の解説

う‐もん【有文】

衣服・冠などに模様のあること。⇔無文
和歌・連歌・俳諧で、技巧や趣向のおもしろさが目立つもの。⇔無文
「歌にも連歌にも―無文と云ふ事あるなり」〈九州問答〉
能楽で、見かけの効果的な美しさの表現。⇔無文
「―、無文の心根尽きて、闌(た)けたる位にものぼるべし」〈申楽談儀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うもん【有文】

衣服・帯などで、模様のあるもの。綾のあるもの。
小さい菱形模様の羅で張った冠。五位以上の者が用いた。有文の冠。
世阿弥の用語。外面的な表現による能の演じ方。 「 - ・無文の心根尽きて、闌けたる位にも上るべし/申楽談儀」
和歌・連歌・俳諧で、趣向や技巧をこらしたもの。
▽⇔ 無文

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

有文の関連キーワードかめありリリオホールファイアンス画像【せん】ラピタ式土器立屋敷遺跡西志賀貝塚表袴・上袴櫛目文土器智塔里遺跡商務印書館ミサ通常文7月16日無文土器固有式文岩倉具視三条実美羅(ら)文房四宝松島剛蔵田中泥斎

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android