コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無着・世親像 むじゃく・せしんぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無着・世親像
むじゃく・せしんぞう

インドの高僧無着世親兄弟の像。奈良の法相宗宗祖として尊信され,画像や彫像に描かれた。承元2 (1208) ~建暦2 (12) 年造立した興福寺北円堂運慶作のものが著名で,鎌倉時代初期の写実的な肖像彫刻として屈指の名作。国宝

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

無着・世親像の関連キーワードインド興福寺

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android