コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無精子症 ムセイシショウ

デジタル大辞泉の解説

むせいし‐しょう〔‐シヤウ〕【無精子症】

精液中に精子がない状態。精巣造精機能障害によるものと、精子輸送路の障害によるものとがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

無精子症【むせいししょう】

精液中に精子がまったく含まれていない場合をいう。不妊の原因の一つ。
→関連項目人工授精

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無精子症
むせいししょう

精液中に精子が存在しない状態。男性不妊症の原因の一つである。閉塞(へいそく)性無精子症と非閉塞性無精子症に分類される。閉塞性無精子症は、精巣内で精子は形成されるが精子輸送路の物理的閉塞のために精液と合流できない状態で、精巣上体部、精管、射精管などの閉塞が原因である。非閉塞性無精子症は、精巣内で精子がまったくあるいは極めて少量しかつくられない造精機能障害によるもので、先天性もしくは視床下部下垂体の障害によるホルモン分泌異常や、原発性精巣機能障害が原因である。無精子症のおよそ80%が非閉塞性無精子症といわれる。さらに、非閉塞性無精子症のうち、ホルモン分泌異常によるものを精巣前性無精子症(二次性精巣機能障害)、原発性精巣機能障害によるものを精巣性無精子症とし、閉塞性無精子症を精巣後性無精子症とする分類法もある。
 無精子症は全男性のおよそ1%にみられ、男性不妊の原因の10~15%を占めるとされる。閉塞性無精子症に対する治療としては、精路再建術などによって精子輸送路を確保する手術が行われる。閉塞性無精子症でホルモン分泌異常が原因の場合は、ホルモン剤注射によって改善がみられる可能性がある。閉塞性無精子症でもっとも多い原発性精巣機能障害が原因の場合は、精巣内精子を抽出して受精させる顕微授精が試みられる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の無精子症の言及

【精液】より

…精液はその90%内外を占める精漿と細胞成分としての精子とから成る。精子は男性の生殖細胞で,正常精子数は1億/ml前後であり,4000万/ml以下は乏精子症,ほとんど精子のないものは無精子症といわれる。精子はオタマジャクシ状で,頭部,頸部,中片,尾部の4部分に区分され,全長50~70μmである。…

※「無精子症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無精子症の関連情報