コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

射精管 しゃせいかんejaculatory duct

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

射精管
しゃせいかん
ejaculatory duct

精嚢腺の開口部から尿道にいたるまでの短い管状の部分。精巣上皮 (副睾丸) から後部尿道にいたる精子の通路は普通一括して精管といわれるが,終末部近くで精嚢腺が合流する部分では精管膨大部を形成し,そこから先は精管に比べてさらに細い射精管になって尿道につながっている。射精管は前立腺の内部を通っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃせい‐かん〔‐クワン〕【射精管】

男性性器の一部で、精液を射出する管。前立腺内を通る、精管末端の細く短い部分。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

射精管【しゃせいかん】

男性生殖器の一部。精管と精嚢の末端を受けて,前立腺の中を通り尿道に開く細管。開口部は尿道前立腺部の中央後壁にある精丘という高まりの上で,前立腺小室という中央の陥凹部の左右にある。
→関連項目精管

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の射精管の言及

【性器】より

…精管は鼠径管を通って骨盤内に入り,腹膜下の結合組織内を下って膀胱の後下方に達する。このあたりで精管は太くなって精管膨大部とよばれるが,ついで前立腺内に進入し,その中で細い射精管となって,前立腺を貫く尿道に左右別々に開く。また膀胱の後下面,前立腺のすぐ後上方には細長い紡錘形の精囊が1対あり,射精管に開口する。…

【前立腺】より

…かつては摂護腺ともいった。ヒトを含め,哺乳類の雄のみに存する栗の実大の器官で,膀胱の下に位置し,真ん中を尿道が貫き,さらに左右から両側の精管が入り射精管となって尿道に注ぐ。精液の液体成分の大部分を占める前立腺液を分泌する。…

※「射精管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

射精管の関連キーワード男性性器のしくみとはたらき精嚢・精囊生殖器系無精子症泌尿器官内性器回虫昆虫精索