コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無線ロボット気象計 むせんロボットきしょうけい radio‐robot telemeteorograph

1件 の用語解説(無線ロボット気象計の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

むせんロボットきしょうけい【無線ロボット気象計 radio‐robot telemeteorograph】

人里はなれた場所の雨量や風などの気象要素自動的に測定し,その結果を電波に乗せて遠方に伝送する自動気象観測装置。ロボットという名前が国内の気象観測で初めて使用されたのは,昭和20年代の終りごろの無線ロボット雨量計である。この装置は,洪水による災害を防止するために山奥の雨量を自動的に測定し,400MHz帯の電波を用いて数十kmはなれた場所に伝送するものであった。現在この無線ロボット雨量計はAMeDASアメダス)の一部として組み込まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

無線ロボット気象計の関連キーワード不連続線レーダー・アメダス解析雨量気象台気象要素花の雨離れ家人里一つ家はなれわざ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone