コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無線ロボット気象計 むせんロボットきしょうけいradio‐robot telemeteorograph

世界大百科事典 第2版の解説

むせんロボットきしょうけい【無線ロボット気象計 radio‐robot telemeteorograph】

人里はなれた場所の雨量や風などの気象要素を自動的に測定し,その結果を電波に乗せて遠方に伝送する自動気象観測装置。ロボットという名前が国内の気象観測で初めて使用されたのは,昭和20年代の終りごろの無線ロボット雨量計である。この装置は,洪水による災害を防止するために山奥の雨量を自動的に測定し,400MHz帯の電波を用いて数十kmはなれた場所に伝送するものであった。現在この無線ロボット雨量計はAMeDASアメダス)の一部として組み込まれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android