コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無線受信機 むせんじゅしんきradio receiver

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無線受信機
むせんじゅしんき
radio receiver

無線通信に用いる受信装置。アンテナ,高周波増幅回路,選択 (同調) 回路,検波回路,受信器ないしは記録器から成る。回路の方式から,ストレート型とスーパーヘテロダイン型の2型式があり,振幅変調 AM方式用には両者とも用いられるが,周波数 (または位相) 変調 FM方式の受信機はほとんど後者である。電波の型式でみた場合,A1電波 (電信符号など) ,A2電波 (電信符号の記録受信用) ,A3電波 (電話〈音響放送を含む〉) ,A5電波 (テレビジョン〈映像のみ〉) などの振幅変調電波を受信するものや,周波数変調方式用の FMチューナ,FS受信機 (おもにファクシミリ用) などのほか,SSB電波 (単側波帯通信用) を受信するものもある。簡単な鉱石受信機から高級受信機まであり,用途によって各種の形式の受信機が使用されているが,感度,選択度,忠実度,安定度の点から,現在はほとんどスーパーヘテロダイン型が用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

無線受信機の関連キーワードカルゼッキ‐オネスティ効果ポケットベルチューナーレシーバーフレミング

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無線受信機の関連情報