コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同調 どうちょうtuning

翻訳|tuning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同調
どうちょう
tuning

共振回路における共振周波数を目的の周波数に合せること。ラジオ,そのほかにおいて特定周波数の電波を選択するために用いられる。通常,可変コンデンサあるいは可変インダクタンスのいずれかを用いて素子値を変えて調整する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どう‐ちょう〔‐テウ〕【同調】

[名](スル)
調子が同じであること。同じ調子。
他に調子を合わせること。他人の意見・主張などに賛同すること。「彼の提案に同調する」
受信機などで、特定の周波数共振するように固有振動数を合わせること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

同調【どうちょう】

電気の共振回路において,入力信号の中から目的とする周波数の信号のみを抽出すること。ラジオ等無線受信機においては多く可変コンデンサー(バリコン)を回転してインピーダンスを調節して同調させる。
→関連項目共振チューナーマジックアイラジオ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

同調

他者の評価基準や期待に沿うように、自分の行動を変えること。例えば、集団の持つ基準に従って自分の行動や信念を変える行動(同調行動)はよく見られる現象である。自分の心とは裏腹に表面的に同調することを追従、特に権威に対する同調を服従という。それに対し、心から他者の考えが正しいと認め、自分の行動を変えることを私的受容という。 同調行動についてはアッシュの実験が有名。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どうちょう【同調 tuning】

共振器を用い,入力信号の中から目的とする周波数の信号のみを抽出すること。例えば,図のように,増幅器負荷としてLC共振回路を用いると,負荷の共振周波数付近のみ利得が大きくなり,その他の周波数では利得が小さくなって同調がとれる。このような増幅器を同調増幅器という。同調回路は,出力側だけでなく,入力側につけることも多い。同調回路を用いると,増幅素子の入出力容量を共振容量に組み入れることができるため,比較的高い周波数の増幅も可能となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうちょう【同調】

( 名 ) スル
調子が同じであること。また、同じ調子。
他のものと調子を合わせること。ある人の意見や態度に賛成し、同じ行動をとること。 「彼の意見に-する」 「 -者」
外部から来る振動に共振するように、装置の固有振動数あるいは周波数を調節すること。特に、テレビ・ラジオで目的の周波数に合わせること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

同調の関連キーワードエルンスト アレグザンダソン付和雷同・附和雷同オートチューニング付和随行・附和随行デイライトシンクロ可変容量ダイオードフラッシュガンシンパサイザー電子チューナーチューニング和して同ぜず同調・非同調レッドパージルーチン競技マリネッティシンクロ接点シンクロ撮影日周リズム高周波増幅尻馬に乗る

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同調の関連情報