無過失責任主義(読み)ムカシツセキニンシュギ

  • むかしつせきにんしゅぎ ムクヮシツ‥
  • むかしつせきにんしゅぎ〔ムクワシツセキニン〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 損害の発生について、故意・過失がなくても民事上の賠償責任を負わせようとする主義。損害賠償の責任を負うのには、少なくとも過失を必要とするのが原則だが、近時大企業の発達による公害などの危険が増えるにつれて、故意・過失の有無にかかわらずその責任を認めようとする考え方が現われ、立法にも取り入れられつつある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android