コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無過失責任主義 ムカシツセキニンシュギ

デジタル大辞泉の解説

むかしつせきにん‐しゅぎ〔ムクワシツセキニン‐〕【無過失責任主義】

損害の発生について故意・過失がなくてもその賠償責任を負うという原則。鉱害・大気汚染・水質汚濁原子力損害などについて適用される。→過失責任主義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むかしつせきにんしゅぎ【無過失責任主義】

損害が発生した場合には、故意または過失がなくても賠償責任を負うという原則。企業災害について適用され、鉱害・原子力損害・水質汚濁・大気汚染・労働災害などについて事業所の賠償責任を認めるのがその例。 ↔ 過失責任主義

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無過失責任主義の関連キーワード原子力損害賠償責任原子力災害補償危険責任企業責任鉱業法

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android