無量寿(読み)むりょうじゅ

精選版 日本国語大辞典「無量寿」の解説

むりょう‐じゅ ムリャウ‥【無量寿】

(amitāyus訳語) 仏語。
[1] 永遠の生命の仏の意。阿彌陀仏をさしていう。無量寿仏
※教行信証(1224)二「无量寿是安楽浄土如来別号」 〔観無量寿経
[2] 〘名〙 永遠の生命。
※安心決定鈔(14C前)末「阿彌陀のいのちへ帰せよとをしふるをききて、帰命无量寿覚しつれば、わがいのちすなはち無量寿なりと信ずるなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「無量寿」の解説

無量寿

北海道釧路市のご当地料理。蕎麦ゴマ油を絡めて食する。明治時代創業の竹老園東家が元祖と伝わる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「無量寿」の解説

むりょう‐じゅ〔ムリヤウ‐〕【無量寿】

《〈〉amitāyusの訳。阿弥陀仏寿命が無量であるところから》阿弥陀仏のこと。無量寿仏。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の無量寿の言及

【阿弥陀】より

…弥陀とも略称される。《無量寿経》によれば,過去世に法蔵比丘が世自在王如来のもとで四十八の誓願をたて,長期間の修行を果たし,現在では阿弥陀仏となり,極楽浄土の主となって,その浄土へ往生を願う衆生を摂取するという。四十八の誓願のうち第十八願は阿弥陀仏を念ずれば極楽往生できるというもので,後世の中国,日本では称名念仏の根拠とされた。…

※「無量寿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android