コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦がす コガス

デジタル大辞泉の解説

こが・す【焦がす】

[動サ五(四)]
火に当てて焼いたり熱を加えたりして物の表面を黒くする。焦げた状態にする。「ごはんを―・す」
心を悩ます。苦悩する。「身を―・す」「胸を―・す」
薫物(たきもの)の煙でくすぶらせてにおいをつける。
「白き扇の、いたう―・したるを」〈・夕顔〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こがす【焦がす】

( 動五[四] )
火で焼いて黒くする。こげた状態にする。 「タバコの灰でズボンを-・した」 「天を-・さんばかりの炎」
切ない思いで心を苦しめる。 「恋の炎に身を-・す」
香をたきしめる。 「白き扇のいたう-・したるを/源氏 夕顔」 〔「こげる」 「こがれる」に対する他動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

焦がすの関連キーワードカーマ(古代インドの愛の神)ナムチャ・バルワ[山]エリザベス(1世)レーザー兵器鳴く・啼く炎・焔・焰おおいぬ座焼く・妬く身を焼く黒ビール焦がれるシリウス焼け焦し若草山ホタル憧れるズボン他動詞心焼く薫物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焦がすの関連情報