コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焦がす コガス

デジタル大辞泉の解説

こが・す【焦がす】

[動サ五(四)]
火に当てて焼いたり熱を加えたりして物の表面を黒くする。焦げた状態にする。「ごはんを―・す」
心を悩ます。苦悩する。「身を―・す」「胸を―・す」
薫物(たきもの)の煙でくすぶらせてにおいをつける。
「白き扇の、いたう―・したるを」〈・夕顔〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こがす【焦がす】

( 動五[四] )
火で焼いて黒くする。こげた状態にする。 「タバコの灰でズボンを-・した」 「天を-・さんばかりの炎」
切ない思いで心を苦しめる。 「恋の炎に身を-・す」
香をたきしめる。 「白き扇のいたう-・したるを/源氏 夕顔」 〔「こげる」 「こがれる」に対する他動詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

焦がすの関連情報