コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然空 ねんくう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

然空 ねんくう

?-1297 鎌倉時代の僧。
比叡(ひえい)山でまなび,文永9年(1272)良空とともに鎌倉で良忠に浄土の教えをうける。京都にかえり仁和寺(にんなじ)西谷の法光明院で布教。建治(けんじ)2年(1276)京都にきた良忠にふたたび師事し,のち浄土宗鎮西流一条派の祖とよばれた。永仁(えいにん)5年8月11日死去。俗姓は阿部。号は礼阿(らいあ)。著作に「浄土要略鈔」「無量寿経聞書」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

然空の関連キーワードカント(Immanuel Kant)ルネサンス美術空冷式内燃機関トビウサギ建築儀礼鎌倉時代空冷機関スイス風景画遠近法超新星音楽証賢

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android