コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

然空 ねんくう

1件 の用語解説(然空の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

然空 ねんくう

?-1297 鎌倉時代の僧。
比叡(ひえい)山でまなび,文永9年(1272)良空とともに鎌倉で良忠に浄土の教えをうける。京都にかえり仁和寺(にんなじ)西谷の法光明院で布教。建治(けんじ)2年(1276)京都にきた良忠にふたたび師事し,のち浄土宗鎮西流一条派の祖とよばれた。永仁(えいにん)5年8月11日死去。俗姓は阿部。号は礼阿(らいあ)。著作に「浄土要略鈔」「無量寿経聞書」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

然空の関連キーワード北条盛房浄土宗本成寺ウォーレス永仁の徳政鎮西探題徳政北条貞時本成寺淵信

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

然空の関連情報