中部電力(読み)ちゅうぶでんりょく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中部電力
ちゅうぶでんりょく

電力会社。 1951年電気事業再編成令により中部配電と日本発送電共同出資で設立。電力供給区域は愛知,長野,静岡県 (富士川以西) と岐阜,三重県の各一部。年間販売電力量 1174億 8800万 kWh。発電設備は認可最大出力 3031万 kW。原子力発電にも力を注いでいる。事業内容は,電力 66%,電灯 32%,その他2%。年間営業収入2兆 1749億 1600万円 (連結) ,資本金 3745億 1100万円,従業員数2万 158名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中部電力

1951年設立。本社名古屋市。中部5県を中心に電気を供給し、電力販売量は国内2位。2017年3月期の売上高は2兆6035億円、純利益は1146億円。

(2017-09-08 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

中部電力

正式社名「中部電力株式会社」。英文社名「Chubu Electric Power Company, Incorporated」。電力会社。昭和26年(1951)設立。本社は名古屋市東区東新町。供給区域は愛知・長野県と岐阜・三重・静岡県の一部。地元新規事業へ出資するなど中部財界の中核。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード9502。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中部電力の関連情報