本成寺(読み)ホンジョウジ

百科事典マイペディアの解説

本成寺【ほんじょうじ】

新潟県三条(さんじょう)市にある法華宗陣門(じんもん)流総本山。1297年日印(にちいん)が開創し,青蓮華(しょうれんげ)寺といったがのち改称。室町時代,日陣(にちじん)の時二派に分裂,陣門流の本寺となった。江戸期,代々の新発田(しばた)藩主の外護を受け寺勢を伸ばした。2月に行われる節分会は有名。
→関連項目日蓮宗

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほんじょうじ【本成寺】

新潟県三条市にある法華宗陣門流の総本山。山号、長久山。1297年日印の開創、日朗の開山。江戸時代に本成寺と本圀寺に分裂。1876年(明治9)日蓮宗本成派を称し、さらに98年に法華宗を公称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本成寺
ほんじょうじ

新潟県三条市西本成寺にある法華(ほっけ)宗陣門(じんもん)流総本山。長久山宝塔院と号する。本尊は十界大曼荼羅(じっかいだいまんだら)。1297年(永仁5)日印(にちいん)の開山。初め青蓮華寺(しょうれんげじ)と号したが、1313年(正和2)日印は鎌倉に至り、師の日朗(にちろう)を初祖に迎えた。長久山本成寺と命名され親書の曼荼羅、自彫の宗祖尊像、自画像の3点を授けられた。天文(てんぶん)法華の乱(天文法乱、1536)後、越後(えちご)諸将の保護を受け発展した。山門は禅宗様式の楼門で、1786年(天明6)の竣工(しゅんこう)。千仏堂は単層桟瓦葺(さんかわらぶ)き六角堂で、1813年(文化10)の上棟。毎年2月の節分会(せつぶんえ)の鬼踊、6月の千部会などが有名。[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ほんじょう‐じ ホンジャウ‥【本成寺】

新潟県三条市西本成寺にある法華宗陣門流の総本山。山号は長久山。永仁五年(一二九七)創建。開基は日印。開山は日朗。初めは青蓮華寺といった。本門三大秘法根本道場で、後奈良天皇の勅願寺。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android