コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

良忠 りょうちゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

良忠
りょうちゅう

[生]正治1(1199).7.27. 石見
[没]弘安10(1287).7.6. 相模
鎌倉時代の僧。浄土宗第3祖。 13歳で出家し,出雲の鰐淵寺天台学,倶舎学を修める。のち寺を出て法相,律,禅を学び,郷里の石見三隅庄へ帰って念仏を修した。嘉禎2 (1236) 年筑後へ下って聖光房弁長 (浄土宗第2祖) に会い,浄土教の秘要をすべて授与された。諸国を歴遊して布教し,また述作に努め,正嘉2 (58) 年悟真寺 (のち光明寺) を創建した。主著『観経疏伝通記』『選択決疑鈔』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

りょうちゅう【良忠】

1199~1287) 鎌倉中期の浄土宗の僧。字あざなは然阿、勅諡ちよくしは記主禅師。浄土宗第三祖。諸宗を修めたのち鎌倉に蓮華寺(光明寺)を開創。門下に六流を生み、浄土教発展の道を開く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

良忠
りょうちゅう
(1199―1287)

鎌倉時代の浄土宗の僧。然阿弥陀仏(ねんあみだぶつ)といい、略称を然阿(ねんあ)、諡号(しごう)を記主(きしゅ)禅師という。浄土宗第三祖で、専修念仏(せんじゅねんぶつ)を弘(ひろ)め、多くの書を著して浄土宗の教学の大成に尽力した。石見(いわみ)国(島根県)三隅庄(みすみしょう)に生まれ、同国鰐淵寺(がくえんじ)の信暹(しんせん)の門に入り、比叡(ひえい)山で受戒し、天台、倶舎(くしゃ)、法相(ほっそう)、禅、律などを学んだ。九州に下向したとき、布教中の弁長(べんちょう)に会って弟子となり、浄土の教義を伝授された。さらに安芸(あき)(広島県)、信濃(しなの)(長野県)、上総(かずさ)(千葉県)など諸国の布教に専念した。とくに上総では千葉氏一族の外護(げご)を受け、教化、講義、著述などに力を注ぎ、また創建した寺院も多い。鎌倉に入ってからは専修念仏の指導的立場となり、悟真寺(ごしんじ)(後の光明寺(こうみょうじ))を建立して関東における浄土宗発展の基盤をつくった。その後、弟子の要請により京に上り、布教、著述に活動を続けた。『観経疏伝通記(かんぎょうしょでんずうき)』『選択伝弘決疑鈔(せんちゃくでんぐけつぎしょう)』などの著作がある。[阿川文正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

良忠 (りょうちゅう)

生年月日:1199年7月27日
鎌倉時代前期の浄土宗の僧
1287年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の良忠の言及

【浄土宗】より

…同寺は北九州地域の浄土宗の中核となった。鎮西に勃興した弁長の門流を鎮西派といい,弁長の弟子良忠によって関東に教線をのばした。良忠は鎌倉で著作と布教に専心し,理論的指導者として活躍,浄土宗典註疏を大成し,また関東浄土宗発展の貢献者となった。…

【弁長】より

…1228年(安貞2)肥後の往生院で48日間の別時念仏を修し,この間に《末代念仏授手印》を著して,法然滅後の異義を正そうとした。37年(嘉禎3)良忠(1199‐1287)に法を伝え,翌年没した。弁長の法流を鎮西派というが,弟子良忠とその門下が浄土宗内で主流的位置を占めるにつれ,弁長には浄土宗2代の地位が与えられるようになった。…

※「良忠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

良忠の関連キーワード光明寺(神奈川県)芭蕉(俳人)如一(1)尊観(1)道忠(2)1月11日道光(2)安居院浄俊良暁(1)万丈悟光藤堂蝉吟山口良吾五重相伝生年月日観輪行乗牧志朝忠道永通昌松尾芭蕉一条経輔黄檗宗

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

良忠の関連情報