コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼き米 やきごめ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焼き米
やきごめ

米を籾(もみ)のまま焙烙(ほうろく)などで炒(い)って搗(つ)いたもの。炒り米。昔は種籾(たねもみ)は、発芽を促すために7~10日間も水に浸(つ)けてから播(ま)いた。厚播きであったし、補植用の種籾も用意したので、大量の種籾の残ることがあった。芽の出かかった種籾は、脱穀して飯に炊いても、まずくて食べられないので、それらを焼き米にして「おやつ」として食べた。保存食料・携行食品としても利用された。また、種播き前の水口(みなくち)祭や、収穫祭に先だつ穂掛け祭には、新穀を籾のままで炒り、田の神に供えることが広く行われた。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

焼き米の関連キーワード水口祭り・水口祭田舎館(村)青森(県)農耕儀礼稲作文化稲作儀礼収穫祭水口祭鳥の口田の神携帯食白米城種籾食事灰汁

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼き米の関連情報