焼き米(読み)やきごめ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

焼き米
やきごめ

米を籾(もみ)のまま焙烙(ほうろく)などで炒(い)って搗(つ)いたもの。炒り米。昔は種籾(たねもみ)は、発芽を促すために7~10日間も水に浸(つ)けてから播(ま)いた。厚播きであったし、補植用の種籾も用意したので、大量の種籾の残ることがあった。芽の出かかった種籾は、脱穀して飯に炊いても、まずくて食べられないので、それらを焼き米にして「おやつ」として食べた。保存食料・携行食品としても利用された。また、種播き前の水口(みなくち)祭や、収穫祭に先だつ穂掛け祭には、新穀を籾のままで炒り、田の神に供えることが広く行われた。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼き米の関連情報