コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もみpaddy; caryopsis of rice plant

4件 の用語解説(籾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


もみ
paddy; caryopsis of rice plant

穂から離したばかりのイネの果実で籾殻に包まれているもの。籾殻は花の時期に小穂を包んでいる外花穎と内花穎の発達したものである。籾殻を取除いたものがいわゆる玄米で,厳密にいえばこれが真の果実である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

もみ【×籾】

脱穀の後、籾摺(もみず)りする前の、外皮に包まれたままの米。もみごめ。 秋》「老いし母怒濤を前に―平(なら)す/三鬼
籾殻(もみがら)」の略。
[補説]「籾」は国字。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もみ【籾】

外皮を取り除いてない米。稲の穂からとったままで、脱穀していない米。 [季] 秋。 《 日かげよりたゝみはじめぬ-むしろ /虚子 》
籾米の外皮。もみがら。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


もみ

イネの穎果(えいか)のこと。籾は2枚の籾殻すなわち外穎と内穎とが玄米を包んだもので、さらに基部には小さい2枚の護穎がついている。日本型イネでは護穎の下に副護穎がついているが、インド型イネの籾は副護穎はついていない。外穎の先端部には芒(のぎ)があり、長さは品種によって異なる。野生種や古い品種では芒は長く、10センチメートルに達するものもあるが、現代の新品種では芒はほとんど退化している。イネの種子としては籾が用いられ、種籾(たねもみ)とよぶ。籾は玄米よりも貯蔵性が優れるので、長期間貯蔵する場合には籾で貯蔵される。なお日本では米の収量や生産量は玄米で表示されるが、日本以外の国々では籾で表示される。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

籾の関連情報