コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

もみpaddy; caryopsis of rice plant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


もみ
paddy; caryopsis of rice plant

穂から離したばかりのイネの果実籾殻に包まれているもの。籾殻は花の時期に小穂を包んでいる外花穎と内花穎の発達したものである。籾殻を取除いたものがいわゆる玄米で,厳密にいえばこれが真の果実である。玄米から果皮種皮,胚などを除き,外観を白色にしたものを白米という。一般にイネ科植物の果実は穎果と呼ばれ,果皮が発達せず,成熟,乾燥すると種子に密着する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

もみ【籾】

外皮を取り除いてない米。稲の穂からとったままで、脱穀していない米。 [季] 秋。 《 日かげよりたゝみはじめぬ-むしろ /虚子 》
籾米の外皮。もみがら。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


もみ

イネの穎果(えいか)のこと。籾は2枚の籾殻すなわち外穎と内穎とが玄米を包んだもので、さらに基部には小さい2枚の護穎がついている。日本型イネでは護穎の下に副護穎がついているが、インド型イネの籾は副護穎はついていない。外穎の先端部には芒(のぎ)があり、長さは品種によって異なる。野生種や古い品種では芒は長く、10センチメートルに達するものもあるが、現代の新品種では芒はほとんど退化している。イネの種子としては籾が用いられ、種籾(たねもみ)とよぶ。籾は玄米よりも貯蔵性が優れるので、長期間貯蔵する場合には籾で貯蔵される。なお日本では米の収量や生産量は玄米で表示されるが、日本以外の国々では籾で表示される。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

籾の関連キーワードイネコウジキン(稲麹菌)rice center焼き米・焼米・糄ライスセンターイネの高温不稔佐藤 庄次郎佐藤庄次郎千石どおし籾摺り機扱き落す稲掃き筵畝引検見備荒貯蓄籾すり機有毛検見今摺り米もみがら今摺り稲扱き水口祭

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

籾の関連情報