コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煕子女王 きしじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

煕子女王 きしじょおう

?-950 平安時代中期,朱雀(すざく)天皇の女御(にょうご)。
保明(やすあきら)親王の娘。母は藤原仁善子(にぜこ)。昌子(しょうし)内親王(冷泉(れいぜい)天皇皇后)を生む。天暦(てんりゃく)4年5月5日死去。「玉葉和歌集」にその死をいたむ天皇の歌1首がある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

煕子女王

没年:天暦4.5.5(950.5.24)
生年:生年不詳
平安中期,朱雀天皇女御。父は保明親王,母は藤原時平の娘仁善子。煕子は「ひろこ」とも。生年は延喜23(923)年ごろか。夫朱雀は父の亡くなった年に生まれた父の弟である。承平7(937)年女御となる。皇太子であった父が早世し,兄慶頼王が3歳で皇太子となるが,この兄も夭逝外祖父時平によって追い落とされた菅原道真の祟りと噂された。天暦4(950)年,昌子内親王(冷泉皇后)を生んでまもなく没した。従三位を追贈

(児島恭子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

煕子女王の関連キーワードすざく没年

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android