煤竹色(読み)すすたけいろ

色名がわかる辞典の解説

すすたけいろ【煤竹色】

色名の一つJISの色彩規格では「みを帯びたみの暗い灰色」としている。一般に、煤けて茶色がかった竹のような色。古い竹の茶杓ちゃしゃくのように、艶のある色ではなく、渋い色合い。江戸前期から、くすんだ色が好まれるようになり、流行色の一つとなった。多くのバリエーションも登場したという。煤竹とは先端枝葉を残し、その部分で煤を払った竹の掃除道具のこと。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android