コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煤竹色 すすたけいろ

3件 の用語解説(煤竹色の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

すすたけいろ【煤竹色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「みを帯びたみの暗い灰色」としている。一般に、煤けて茶色がかった竹のような色。古い竹の茶杓ちゃしゃくのように、艶のある色ではなく、渋い色合い。江戸前期から、くすんだ色が好まれるようになり、流行色の一つとなった。多くのバリエーションも登場したという。煤竹とは先端に枝葉を残し、その部分で煤を払った竹の掃除道具のこと。

出典|講談社
色名がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

すすだけいろ【煤竹色】

煤竹のような赤黒い色。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

煤竹色の関連キーワード環境JIS学校用家具JIS漢字水準旧JISJIS X0221新JIS地金(金属材料)洗濯表示文字集合文字コード

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

煤竹色の関連情報