コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煤竹色 すすたけいろ

色名がわかる辞典の解説

すすたけいろ【煤竹色】

色名の一つJISの色彩規格では「みを帯びたみの暗い灰色」としている。一般に、煤けて茶色がかった竹のような色。古い竹の茶杓ちゃしゃくのように、艶のある色ではなく、渋い色合い。江戸前期から、くすんだ色が好まれるようになり、流行色の一つとなった。多くのバリエーションも登場したという。煤竹とは先端枝葉を残し、その部分で煤を払った竹の掃除道具のこと。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すすたけ‐いろ【×煤竹色】

煤竹のような赤黒い色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すすだけいろ【煤竹色】

煤竹のような赤黒い色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

煤竹色の関連キーワード銀煤竹赤み黄み色名

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android