熊谷伊助(読み)くまがい いすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷伊助 くまがい-いすけ

?-1876 幕末-明治時代の商人。
横浜で呉服商をいとなむ。横浜開港のさい埋立・築堤・市街整備の請負工事で巨利を得,松屋伊助と称し,高島嘉右衛門(かえもん)らと肩をならべる。ウォルシュ-ホール商会の番頭をつとめた。明治9年6月死去。陸奥(むつ)磐井(いわい)郡(岩手県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android